乾燥肌によるかゆみの原因と対策

乾燥肌によるかゆみの原因と対策について

乾燥肌のかゆみに悩まされているという人は少なくありません。我慢できずかいてしまうと、肌が赤くなったり湿疹が出たり、肌の乾燥がさらに進んでしまうといった悪循環になります。

 

肌の表面を覆う皮脂や、セラミドをはじめとする角質細胞間脂質などの減少により、肌内部の水分含有量が低下した乾燥肌。肌のバリア機能が衰えている状態で、ここに外部からの刺激が加わるとかゆみが生じます。

 

無防備な肌には、髪の毛や衣服が触れる程度の軽い接触、使い慣れた化粧品なども大きな刺激になります。乾燥により、通常は弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾き、細菌が増殖しやすくなることも、かゆみが生じる原因の一つと言われています。

 

かゆい部分をかくという行為には、一時的な心地よさを感じるものです。ただ、肌に傷が付いて炎症を起こしてしまうと、少しの刺激でも敏感になり、かゆみをより強く感じるようになる悪循環が生じます。

 

また、かいているうちに、かゆみの元となる成分・ヒスタミンをどんどん誘発されます。いつの間にか、我慢できないほどかゆみが強くなってしまう場合もあります。

 

ただ、かゆみを我慢するのはつらいものです。かゆみを抑える有効成分を含んだ塗り薬やクリームを使うのも、一つの対処法です。

 

尿素や抗ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンEをはじめ、様々な有効成分を含んだ製品が販売されており、保湿や炎症鎮静、血行促進など効能もいろいろです。自分の肌の症状や目的に合った物を選びましょう。

 

肌のかゆみを悪化させる大きな要因に、衣類や寝具との摩擦による刺激があります。刺激を軽減させるためには、素材選びが重要。

 

ウールなどチクチクする素材や化学繊維ではなく、コットンやシルクなどの自然繊維を選びましょう。衣類の内側に付いたタグなどが刺激になる場合もあり、ハサミで切り取ってから着用するといった工夫も効果的です。

 

また、かゆみを伴う乾燥肌の人は、入浴にも注意が必要です。肌の保湿成分が流れ出しやすくなるため、熱いお湯に長時間浸かるのは避けた方が良いでしょう。

 

40℃以下のぬるめのお湯に20分以内というのが目安です。身体を洗う際も、ゴシゴシこするのはNGです。

 

肌に優しい材質のタオルを選び、肌が荒れているときは手洗いでも十分です。入浴後は、化粧水やボディクリームなどでしっかり保湿することも大切です。

 

乾燥肌にもオススメなシルキーカバーオイルブロック>>>