シルキーカバーオイルブロック危険

シルキーカバーオイルブロックが危険って本当?真実について書いてみた。

シルキーカバーオイルブロックは凸凹毛穴や毛穴の黒ずみを
一瞬で消してくれるとても優秀な化粧下地ですが、
その配合成分をしっかり見たことがありますか。

 

公式サイトでは保湿成分や植物由来成分を表立って取り上げていますが、
実際のシルキーカバーオイルブロックの箱に記載されている成分は以下の通りです。

 

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、
アクリレーツクロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)
クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、イソノナン酸イソノニル、
ジメチルシリル化シリカ、セリシン、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲン、
プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、
ポリクオタニウム-51、エタノール、水、ヒドロキシプロピルキトサン、
フェノキシエタノール、カルボキシメチルキチン、BGです。

 

実に全成分の半分以上はシリコンなのです。
『シリコン』と聞いただけでドン引きする人もいるかもしれません。
それだけ近年はノンシリコンシャンプーの登場でシリコン嫌いになっている人が多いです。

 

ではこのシリコン、どんな効果・効能があるのか説明してみます。

 

実はこのシリコン、とても優秀な成分でメイク用品などにも頻繁に使用されています。

 

シリコンが毛穴を塞いで皮膚呼吸ができなくなる、とか一部では言われていますが、
そもそも人間は皮膚呼吸しません。シリコンが毛穴から皮膚内に浸透することもありません。

 

世間一般の消費者はシリコンの悪評に踊らされているだけなのです。
使い方さえ間違えなければ危険性は全くありません。

 

シリコンは厚生労働省にも認可されている安全性の高い成分で
水や汗にも強く非常に安定性がある成分です。

 

ちょっとした摩擦などにも負けず、つけた部分にしっかりとしがみついているイメージです。

 

もしシリコンに毒性があるならとっくの昔に厚生労働省から認可を外されているでしょうし、
あれだけ話題になったシリコンスチーマーなども毒性があるってことになります。

 

だけど今や、お弁当のアルミカップさえシリコンになりつつあります。
おたまやフライ返しなどの調理器具もシリコン流行りです。

 

シリコンに毒性があるなら顔に塗布する化粧品よりも
直接口に入る調理器具の方がよっぽど危険に感じないとおかしいですよね。

 

シリコンが配合されているシルキーカバーオイルブロックもつけるとメイク崩れしなかったり、
皮脂をコントロールすることが可能になります。

 

これらはすべてシリコンのおかげなのです。

 

このシリコン入りのシルキーカバーオイルブロックを使用する際に一番重要なのは、
しっかりとクレンジングすることです。

 

これはファンデーションをつける、つけないに限らず、
シルキーカバーオイルブロックを塗布したら必ず行なうようにしましょう。

 

なぜならシリコンは鉱物由来の成分なので油分は油分で落とすことが可能だからです。

 

要はシルキーカバーオイルブロックも
メイク用品と同じ扱いをするようにしましょうということです。

 

シルキーカバーオイルブロックを使用して皮膚にシリコンが付着しても
クレンジングでしっかりと除去することができますので、

 

いつまでも皮膚についていることもないですし、
まして堆積(たいせき)していくこともありません。

 

シルキーカバーオイルブロックはクレンジングとセットで使っていくことを肝に銘じることで、
化粧崩れを防ぎ、毛穴レスの陶器肌を手に入れることが初めて可能になり
安心して使用することができるのです。

 

シルキーカバーの気になる口コミを見てみる>>>