シルキーカバー デメリット

シルキーカバーオイルブロックのデメリット

シルキーカバーオイルブロックはカバー力もあってスキンケア効果も高い化粧下地です。シルキーカバーオイルブロックは少量でよく伸びて、コスパもよく、とっても素晴らしい化粧下地です。

 

そんなシルキーカバーオイルブロックにはデメリットもあるのです。デメリットとして、効果を期待しすぎる余り付けすぎやすいということが挙げられます。

 

シルキーカバーオイルブロックはよく伸びるのでごく少量でいいといわれています。量が少なくてもシルキー肌になれるシルキーカバーオイルブロックですが、落としにくいというデメリットがあります。

 

強力なマスカラなどを落とすクレンジングだと落ちるようですが、肌に優しい天然のオリーブオイルなどで落とすことはできません。そのため、極度の乾燥肌の人には向いていないかもしれないというデメリットがあります。

 

かなりの乾燥肌でできたシワなどは隠しきれ位という人もいるという点がデメリットといえます。また、つけ心地は人それぞれという点も挙げられます。

 

そして、シルキーカバーオイルブロックは返品対応はしていません。体質が合わなかったりしてもシルキーカバーオイルブロックは返品対応ができないので、お試し用と割り切って、使ってみるということになります。